KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

管理部門生産性向上セミナー

~管理部門が活性化すれば会社が強くなる~

我が国は欧米と比べて管理部門の生産性が低いと言われています。確かに会議が多い、人数が多い、省力化が遅れているなど目につき、何となく非効率な感じがします。しかし、それがどのくらいなのかは、測定していないのでハッキリとは分からないというのが実情ではないでしょうか。管理部門の生産性を測定する方法すら確立していないのが実態です。
本セミナーでは、管理部門にも売上・利益の概念を導入し、管理部門の生産性を測定する方法を探っていきます。これができると管理部門にも採算意識が醸成され、次のような行動が期待できるようになります。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 セミナー 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス)、三役クラス、執行委員クラス、職場委員クラス 
講座カテゴリー 労使関係 
開催日・期間 2013年11月11日
開催時間 10:00 ~17:00 
開催場所 関西生産性本部会議室(大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階) 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/
参加費 生産性本部会員 29,400円 
一 般  35,700円(消費税・テキスト・資料代含む)
※ 生産性本部会員とは、生産性本部賛助会員をさします。
 
内容(スケジュール、運営方法、等)

■ 内  容

1.“見えない”管理部門の生産性を“見える”ようにする

(1)管理部門の生産性が“見えない”

(2)管理部門に売上、利益を導入し“見える化”を図る

(3)管理部門の生産性を“見える”ようにする仕組み

2.管理部門損益計算に必要なレートの算定

(1)等級別人件費レート

(2)内部売上レートの算定

3.管理部門 部門別損益計算

(1)管理部門売上高の計算

(2)管理部門人件費・経費の計算

4.部門業績評価制度

(1)部門業績評価項目とウエイト

(2)部門貢献利益目標と達成率の考え方

(3)管理部門の業績評価をどのように行うか

5.個人業績評価制度

(1)業績とは

(2)役割能力要件表

(3)一般社員の個人業績評価

(4)管理職の個人業績評価 

 6.処遇制度

(1)昇給

(2)賞与

 7.管理部門の部門別損益計算から処遇までの流れと
その実際

(1)管理部門の部門別損益計算から処遇までの流れ

(2)管理部門の部門別損益計算から処遇までの流れの演習

 9.管理部門生産性向上システム

(1)管理部門生産性向上システムとは

(2)管理部門生産性向上システムのメリット

10.生産性向上システム

(1)生産性向上システムとは

(2)全社部門別損益計算の全体像

(3)部門別損益計算ソフトを使った実演

11.生産性向上システムの構築


 

■ 講師プロフィール

河 合 克 彦(かわい かつひこ) 株式会社 河合コンサルティング 代表取締役

1967年京都大学経済学部卒業後、富士銀行入行。1980年富士ナショナルシティ・コンサルティングに出向、1989年富士総合研究所に出向、1997年に富士銀行を退職して、株式会社河合コンサルティング設立。以来、多数のコンサルティング実績を持つ。著書には「総額人件費管理マニュアル」(経営書院)、「業績貢献度別人事活用マニュアル」(経営書院)、「業績貢献度測定マニュアル」(経営書院)、「賃金決定のための部門業績評価」(経営書院)、「真実の成果主義」(中央経済社)など多数。

 

■ テキスト     「管理部門生産性向上システム」(河合克彦 著 日本生産性本部生産性情報センター発行)

 
印刷用ファイル 2013管理部門生産性向上セミナー案内2.docx (44 k)
備考 ■お申込方法
①裏面申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXもしくは郵送にてお申込み下さい。
(ホームページからもお申込み頂けます)
②参加申込到着後、請求書を郵送させて頂きます
③参加申込締切りは2013年11月5日(火)とし、その後のキャンセルでは、参加費のご返金はいたしかねますので、ご了承賜りますとともに、代理の方のご出席お願いいたします。
 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 坂東・森川
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る