KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

人事労務研究会(2014年度)

リーディングカンパニーの人事施策から学ぶ!

当本部では1962年に「人事労務に携わる実務家に情報提供および経験交流を図る場」として「労使関係研究会(現在の人事労務研究会)」を設置し人事労務について研究活動を行って参りました。半世紀を経た現在も、月例勉強会的に研究会を開催しており、この度、2014年度メンバーを募ることとなりました。
景気情勢は回復基調ですが、これを自社の業績向上へ結び付けるには、在籍する全ての社員のパフォーマンス向上が必要です。本研究会の開設当初とは比較にならないほど、各社における社員の多様性は高まりました。人事労務に携わる実務家には、多様な人材が意欲的に仕事に取り組める職場風土や働き方の仕組みを整備することを通じて、適材適所を実現し、その能力を最大限発揮してもらうことにより「経営上の成果」へとつなげることが求められています。
こうした認識のもと、2014年度の当研究会では「リーディングカンパニーの人事施策から学ぶ!」を年間テーマとして、企業労使の課題解決の一助とするべく、日本を代表する今注目の企業の人事担当者様をお招きし、各企業の人事労務施策における先進的事例研究を通して、情報収集と経験交流を図って参ります。上記開催主旨にご賛同頂ける意欲的かつ熱意のあるメンバーのご参加をお待ちしております。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 研究会 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス)、三役クラス、執行委員クラス、職場委員クラス 
講座カテゴリー 労使関係 
開催日・期間 2014年06月10日~2015年01月31日
開催時間 通常15:00~17:00 (第1回例会のみ14:00~17:00) 
開催場所 当本部会議室(大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階) 他 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/
参加費 関西生産性本部賛助会員(1名につき)  85,320円(消費税込)
一         般     (1名につき) 106,920円(消費税込)
※賛助会員とは関西生産性本部賛助会員に加盟している組織をさします。
※各例会において、一組織から複数名ご参加頂く場合は、追加参加費として、二人目の方からお一人様につき賛助会員3,240円、一般5,400円を頂戴いたします。
 
内容(スケジュール、運営方法、等)

当研究会の基本的な運営方法と特長

☆企業訪問機会の複数設定 ☆女性ゲストの複数招聘 ☆通常+特別例会の13例会

◆例会案内
(3週間前)
各例会毎に、ご登録者宛てに電子メールでご案内します。
例会へは代理出席も可能ですので、例会テーマに応じて組織内で参加者を検討いただけます(2013年度代理参加率50%)。
例会を欠席された会員にもご希望の方へは、例会終了後配布資料を送付します。

◆例会の流れ
①オリエンテーション(15分)
毎例会異なる5名前後のグループ席にお座りいただき、グループ毎で簡単な自己紹介を兼ねた問題意識を共有します。

②ゲスト企業の実務家による事例紹介(75分)
年間10社程度の企業の実務家を招聘予定です。
・・・本年度の研究企業(ゲスト企業)
   (株)髙島屋、パナソニックエコソリューションズ労働組合、ファイザーホールディングス(株)、
   伊藤忠商事(株)、オムロン(株)、トヨタ自動車(株)、アサヒビール(株)、
   大和ハウス工業(株)、三井化学(株)、コクヨファニチャー(株)
③グループ毎の情報交換(15分)
企業事例紹介を聴き何を感じたか?人事労務に携わる実務家同士の情報と意見交換を通して気づきを深めます。
④全体での質疑応答(15分)
全体でのゲストに対する質疑応答の時間を設けています。
 

◆懇親会(例会終了後)
年間数回程度、参加者相互でネットワーク懇親会を開催します。

◆スケジュール

第1回例会【企業・労働組合による事例紹介とディスカッション】
2014年6月10日(火)14:00~17:00  於:中之島インテス113会議室

「ダイバーシティ推進の最新事情 ~強い会社を労使が創る~」
ゲスト:株式会社髙島屋 執行役員人事部長 中野 奈津美 氏
          パナソニックエコソリューションズ労働組合 書記長 秋庭 泰史 氏 
コーディネータ:法政大学経営大学院 教授   藤村 博之 氏

「私たち人事労務に携わる実務家には、多様な人材が意欲的に仕事に取り組める職場風土や働き方の仕組みを整備することを通じて、適材適所を実現し、その能力を最大限発揮してもらうことにより『経営上の成果』へとつなげることが求められている」。本研究会の基本認識のもと、「従業員」に関わる人事労務のプロである労使が、今こそ実践すべきことは何か、その現状認識と取り組みの実際を紹介頂き、また中長期的課題について忌憚ない意見交換を行います。

第2回例会【企業事例紹介】
2014年6月27日(金)15:00~17:00 於:関西生産性本部会議室

「ファイザーにおけるMR(医薬情報担当者)の『勤務地定住』『勤務地選択』『短縮勤務制度』の実際」
ゲスト:ファイザー・ホールディングズ株式会社 ビジネス・パートナー人事グループ担当部長  小川 佳政 氏

米国にグローバル本社を置く世界有数の製薬メーカーであるファイザーは、日本においても国内最大級規模のMR(医薬情報担当者)を擁しています。MR活動は、医師への面会時間の関係で、夕方に退社するというような働き方を実現しづらい職種です。その中で、勤務地定住・選択に加え、短縮勤務制度を設け、MRの多様な働き方を支援している同社に、諸制度を設計された背景とねらい、概要、運用状況と現時点での評価と課題についてご紹介頂きます。

特別例会(1)【研究者による最新動向発表】
2014年7月28日(月)15:00~17:00  於:中之島インテス101会議室

「マタニティ・ハラスメントの現状と課題~女性の「がんばり方」をかえる~」
ゲスト:立教大学社会福祉研究所 特任研究員   杉浦 浩美 氏

第3回例会【企業訪問と見学会・講話】
2014年8月6日(水)15:00~17:00 於:オムロン株式会社(※現地集合・解散)
 
「オムロンにおける『社内保育所』の実際」
講 話:オムロン株式会社 人財総務センタ人事部長 小林 史彦 氏
    オムロン株式会社 人財総務センタ人事部制度企画グループ長 中西  拓 氏

主要ターミナル駅である京都駅至近に本社を構えるオムロンでは、本社別館ビルに企業内保育所を設けている。通勤ラッシュが激しい都心部での企業内保育所の設置は、稀有な存在です。本例会では、同社を訪問しこの企業内保育所を見学させて頂くと共に、「個の尊重」をかかげる同社の仕事と家庭の両立に向けての取り組みについてご紹介頂きます。

第4回例会【企業事例紹介】
2014年8月22日(金)15:00~17:00 於:中之島インテス113会議室

「伊藤忠商事における『朝型の働き方推進の取り組み』の実際」
ゲスト:伊藤忠商事株式会社 人事・総務部企画統轄室長 垣見 俊之 氏

世界66カ国に拠点を持ち、モノだけでなくエネルギーから金融まで幅広い取引を行い、日本を代表する総合商社である伊藤忠商事。同社では、昨年10月から試験的に早朝の時間外手当割増率の引き上げと深夜残業の禁止、早朝勤務時の軽食の無償提供を行いました。本例会では、その「朝型の働き方」を推進するねらい、関連人事諸制度と現状、今後の展望についてご紹介頂きます。

第5回例会【研究者による現況報告】
2014年9月16日(火)15:00~17:00 於:関西生産性本部会議室 

「裁量労働の現状と課題~ 裁量労働制等の労働時間制度に関する調査結果 労働者調査結果から ~」
ゲスト:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 主任研究員 池添 弘邦 氏

本例会では「年度開会前および第1・2回例会アンケート結果」を踏まえ、
会員組織からの要望の多い「裁量労働制」をテーマとして、最新情報の収集を目的とした例会を開催します。
6月に閣議決定した『「日本再興戦略」改定2014』の目玉の一つである「働き方改革」と関連深い本テーマですが、
私たち実務家にとっては、労働者の実態と要望を十分把握することが何より肝要です。
そこで、今回は先般この裁量労働制等に関する労働者調査結果を発表された、
独立行政法人労働政策研究・研修機構の池添主任研究員をお招きし、調査結果と今後の課題についてお話し頂きます。


第6回例会【企業事例紹介】
2014年10月9日(木)15:00~17:00 於:関西生産性本部会議室 

「トヨタ自動車における労使コミュニケーション」
ゲスト:トヨタ自動車株式会社 人事部部長  森川 茂樹 氏

世界に冠たるモノづくり立国日本。とりわけ基幹産業である自動車産業を牽引し続けるトヨタ自動車への期待は大きい。同社では、調印され半世紀以上を経た「労使宣言」、96年に発表された「21世紀に向けた労使の決意」いずれにおいても、会社と組合が相たずさえて努力することを誓っています。本例会では、同社における各職場での労使コミュニケーションを紹介頂き、労使の視点からフォーカスを当て、過去最高益の更新が見込まれている同社の強みを研究します。

第7回例会【企業事例紹介】
2014年10月28日(火)15:00~17:00 於:関西生産性本部会議室 

「アサヒビールにおける『女性活躍推進』の実際」
ゲスト:アサヒプロマネジメント株式会社 グループダイバーシティ推進室副室長 林 雅子 氏

経済産業省の「平成25年度ダイバーシティ経営企業100選」において、女性活躍推進が高く評価されているアサヒビール。男性主導が主流であったビールメーカーにおいて、女性ならではの感性を活かした着想や、他者への細かな配慮やリーダーシップの発揮により、新商品開発など経営効果に繋がっています。本例会では、同社の女性活躍推進に関連する人事諸制度の詳細、運用状況と現時点での評価と課題などについてご紹介頂きます。

第8回例会【企業事例紹介】
2014年11月10日(月)15:00~17:00 於:関西生産性本部会議室
 
「大和ハウス工業における『定年延長』の実際」
ゲスト:大和ハウス工業株式会社 執行役員人事部長  能村 盛隆 氏

昨年4月の改正高齢者雇用安定法の施行に対応して「定年年齢の引き上げ」を行った企業は少数派であり、「再雇用制度」の見直しと導入で対応した企業が大多数です。その中で2013年度から全社員を対象に「65歳定年制」を適用された大和ハウス工業。同社の制度設計の考え方と共に、適用後1年半の運用を踏まえ、現状や今後の課題認識等を伺います。

特別例会(2)【発表会】
2014年12月2日(火)15:00~17:00 於:中之島インテス113会議室

「KPCマネジメントスクール2014経営人事イノベーションコース グループ研究成果発表会」

人事部門のミドルマネージャーに「組織戦略」と「人的資源管理」の双方を理解し、変化する事業環境の中で、それを実践し続ける力を養成することをねらいに開講するKPCマネジメントスクール2014「経営人事イノベーションコース」。本例会では、実務家による現場の問題意識に根ざしたグループ研究成果の報告と共に、これからの人事のあり方についても報告頂きます。

第9回例会【企業事例紹介】
2014年12月4日(木)15:00~17:00 於:関西生産性本部会議室 

「三井化学における『外国人採用』の実際」
ゲスト:三井化学株式会社 人事部主席部員  小野 真吾 氏

経営のグローバル化を進める三井化学では、外国人はもとより海外留学経験者や帰国子女を含めた「異文化人材枠」を意識した意図的な採用を行っています。現在、グローバル展開企業では、事業展開スピードが加速する中、従来の新卒採用中心のスキームからの飛躍も新たな課題になっています。本例会では、採用の実際や関連人事諸制度と現状、今後の展望についてご紹介頂きます。

第10回例会【見学会・講話】
2015年1月16日(金)15:00~17:00 於:コクヨファニチャー株式会社梅田オフィス 

「コクヨファニチャーが提案する働き方変革の為のオフィス像とは」
講 話:コクヨファニチャー株式会社 関西営業本部大阪営業支援部部長 太田 博昭 氏

オフィス家具等の製造・販売を行うコクヨファニチャーでは、実際の自社オフィスを、新しい働き方や次代のオフィスのあり方を体感する場として公開しています。本例会では、同社の梅田ライブオフィスを訪問し見学させて頂くと共に、「社内連携強化」や「組織活性化」等の事例やその経営効果についてご紹介頂きます。

特別例会Ⅱ【研究者による最新動向発表】2
015年1月30日(金)14:00~16:30 於:中之島インテス101会議室

「活用労働統発表会~統計データから見る2015年労使交渉をめぐる課題~」
ゲスト:社会総合研究所 主幹研究員(元関西学院大学教授)  居樹 伸雄 氏

労使共通のマクロデータとして活用頂いている労働経済関係統計集『活用労働統計2015年版 –生産性・賃金・物価関連統計 労使交渉の基礎指標に-』の発行にあわせ、社会総合研究所・主幹研究員(元関西学院大学教授)居樹 伸雄 氏 をお招きし、『活用労働統計発表会』を開催します。活用労働統計をもとに、2015年の労使交渉をめぐる課題を整理します。











 

 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 井上・木谷
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る