KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

2016関西労使政策フォーラム(旧 労使トップ政策会議)

「経済の好循環拡大・深化に向けた政労使の成長戦略」

第2次安倍政権においては、いわゆる“アベノミクス”の実効性を高めるため、政治主導による賃上げの促進が行われている。しかしながら、その結果が“経済の好循環”の確立、あるいは拡大・深化につながるかどうかは、未だ予断を許さない状況でもある。
とりわけ、労使関係の分野においては、賃金のみならず、労働時間管理や女性の活躍推進、子育て支援など、これまで個々の労使に委ねられてきた「働き方」に関しても政労使会議で議題に上がり、経済の好循環を支える重要なファクターとして取り上げられており、あらためて労使も、日本経済の好循環という観点で、そのあり方を議論する必要がある。
本フォーラムでは、政労使それぞれの代表から、経済の好循環拡大・深化に向けた労使の成長戦略に関して、お話頂くと共に、企業労使が、どの様な取り組みを行うべきか、論点の整理と指針を示す。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 セミナー 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス)、三役クラス、執行委員クラス、職場委員クラス 
講座カテゴリー 労使関係 
開催日・期間 2016年01月21日~2016年01月22日
開催時間 1日目 9:30~16:15 2日目 9:30~16:40 オプション  9:00~10:30 
開催場所 1日目・2日目 リーガロイヤルNCB「松の間」(中之島センタービル2階)
オプション スカイルーム(中之島センタービル31階) 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/index.html
参加費 参加費:
《 労使単独参加 》
会員企業・労働組合 1名 48,600円
一般企業・労働組合 1名 59,400円
《 労使ペア参加の場合 》
2名 86,400円
※会員とは生産性本部、関西経済連合会の会員を指します。
※資料費・昼食費・消費税を含みます。
※資料として、「2016年版経営労働政策委員会報告」、「2016年版春季労使交渉・労使協議の手引き」、「2016連合白書」を配付予定です。
 
内容(スケジュール、運営方法、等)

1日目(1月21日(木))


開 会 挨 拶 9:30 ~ 9:40
(公社)関西経済連合会 副会長 牧野 明次
[岩谷産業㈱ 代表取締役会長 兼 CEO]

 

経 済 講 話 9:40 ~ 11:20 (※質疑応答含む)
「2016年日本経済の行方」
 ~経済の好循環拡大・深化に向けた政労使の成長戦略~

  ㈱日本総合研究所 調査部長・チーフエコノミスト 山田  久 氏

(講話内容)※予定
 1.世界経済を巡る話題(TPPによる影響・中国経済の見通しなど)
 2.日本国内における景気動向 3.アベノミクスの評価
 3.個人消費・設備投資の動向 5.雇用をめぐる課題
 4.日本経済のシナリオ  7.2016年春闘の課題

 

経済産業政策講話 11:30 ~ 12:30
「経済の好循環拡大・深化に向けた経済産業政策」
  近畿経済産業局長 関 総一郎 氏

(講話内容)
 1.日本経済の現状認識
 2.イノベーションによる成長実現-未来投資による生産性革命-
 3.経済社会の持続性を高めるために
 4.世界と一体的に成長するために


  昼 食・休 憩 12:30 ~ 13:30


労働政策講話 13:30 ~ 14:40
「経済の好循環拡大・深化に向けた労働政策」
  厚生労働審議官 岡崎 淳一 氏

(講話内容)
 1.最近の雇用・失業情勢について
 2.「全員参加の社会」実現について
 3.「労働生産性向上」について
 4.次期通常国会提出を検討している労働関係法案について


経 営 講 話 15:00 ~ 16:15
「これからの働き方と労使の役割」
 中央大学大学院 戦略経営研究科 教授   佐藤 博樹 氏

 (問題提起のポイント)
 ・これからの「働き方」と労使の役割」について、女性の活躍支援やワークライフバランスの観点だけでなく、
  介護支援の問題なも加えて解説頂くと共に、マネジメントの観点から、ダイバーシティ・マネジメントや生産性の
  向上をいかに実現するかという視点で、問題提起を頂きます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


2日目(1月22日(金))
労 働 講 話  9:30 ~ 10:20 
「2016年連合の活動方針と春季生活闘争への取組み」
  日本労働組合総連合会 副事務局長 安永 貴夫 氏

(講話のポイント)
「働くことを軸とする安心社会」の実現を目指した、連合による2016年春季生活闘争の方針を中心に講話頂きます。


労 働 座 談 会 10:30 ~ 12:30
「2016年春闘と労使の新たな課題」
 (パネリスト)
  自動車総連 労働条件局 局長 光田 篤史 氏
  電機連合 副委員長 神保 政史 氏
  JAM 書記長 河野 哲也 氏
 (コーディネータ)
  学習院大学 経済学部教授 今野浩一郎 氏


 2016春闘に臨む各産別トップから、今春闘の争点と個別の活動方針について話を聞くとともに、
 持続的な経済成長に向けて労働組合が取り組むべき課題と対応について議論します。


  昼 食・休 憩 12:30 ~ 13:30


労 使 座 談 会 13:30~16:30
「女性の活躍推進と生産性の向上」~成長戦略を支える働き方とは~
 (パネリスト)
  NTTコミュニケーションズ株式会社 常勤監査役 小林 洋子 氏
  ネスレ日本株式会社 人材・組織開発部 部長 金成 和喜 氏
  田辺三菱製薬労働組合 中央副執行委員長 福田 明子 氏

 (コーディネータ)
  日本女子大学人間社会学部現代社会学科 教授 大沢 真知子 氏

 

 2015年8月に「女性活躍推進法」が成立し、2016年4月より施行されるなど、「女性の活躍推進」は、
 成長戦略を支える重要な柱として、国家戦略として位置づけられています。本年度の労使座談会では、
 単なる法対応に留まらず、成長戦略を支え、生産性を向上させるために、労使は何をなすべきかにつ
 いて、主に女性の活躍推進を進める先進的労使や、外資系企業よりゲストを招聘し、議論を深めます。


閉 会 挨 拶 16:30~16:40
  (公財)関西生産性本部 副会長 山﨑 弦一

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


(オプション)2016年春季労使交渉セミナー≪2月2日(火)開催≫
経団連報告  2月2日(火) 9:00~10:30     (会場:NCBスカイルーム)

 

「2016年の春季労使交渉・労使協議に対する経営側の基本的考え方」
 ~2016年版経労委報告、労使交渉・労使協議の手引きの解説~

  (一社)日本経済団体連合会 労働政策本部長 高橋 弘行 氏

 (報告のポイント)
 ・2016年経済動向を考える
 ・経団連・経営指針「2016年版経営労働政策委員会報告」の解説
 ・経済・経営の課題と対応
 ・「2016年版春季労使交渉・労使協議の手引き」のポイント
 など、2016年春闘に関する日本経団連の基本的な考え方について報告頂きます。

 

 
印刷用ファイル 2016roshi_forum.pdf (791 k)
備考 お申込みは、別紙「参加申込書」に必要事項をご記入の上、ファクシミリにてお送りください。
申し込み受付後、正式なご案内状・参加費のご請求書をお送りします。なお、参加証は発行いたしません。
②お申込みの締切日は、2016年1月15日(金)です。それ以降のキャンセルは参加費を頂戴いたしますので、代理の方のご参加をお願いいたします。
③労使ペアで参加される場合、1枚の用紙でお申込み下さいますようお願いいたします。 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 堀越 ・ 上岡
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る