KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

次代の経営幹部を育成する「KPCマネジメントスクール2016」(総合)

「戦略的思考力」と 「リーダーシップ」を備えた次代の経営幹部育成

■KPCマネジメントスクールの人材育成
今日の企業経営は、社会環境の変化と、業界の垣根を越えた企業間競争が激しさを増す中で、的確で大胆な経営判断を迅速に実行することが、これまで以上に求められています。そのため、次代の経営幹部には、先見性と洞察力を備えた「広く高い経営者の視点」、新たな価値を創発・獲得するための「戦略的思考力」、そして戦略を実行するために人や組織を率いる「リーダーシップ力」が必要不可欠と言えるでしょう。

当スクールでは各社で選抜された経営幹部候補人材との徹底議論を基軸とした「仮説検証方式」によるグループ研究を行います。参加者自身が、自社の戦略や、自分自身が抱える課題を改めて見つめ直すとともに、ベンチマークすべき企業へのインタビュー調査(企業訪問)を通じて、多種多様な戦略と価値観を習得することにより、自社施策の立案・実行に大い役立つと確信しています。

当スクールは「次代の経営を担う中核人材」育成の場として1997年に誕生して以来、各社で選抜された多くの方にご参加いただきました。修了生は1000名を超え、今や多くの企業の中枢で活躍しています。6カ月に亘る当スクールでの熱い議論に、ぜひご参加ください。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 長期講座 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス) 
講座カテゴリー 人材育成・開発 
開催日・期間 2016年07月12日~2017年01月31日
開催時間 合宿、または、通い形式で、全9~20日(コースにより異なる) 
開催場所 当本部会議室
中之島センタービル内会議室
クロスウェーブ梅田
コスモスクエア国際交流センター
訪問先企業(インタビュー調査) など 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/
参加費 参加費
■経営戦略コース(17日間+インタビュー調査)
 賛助会員:669,600円 一般:788,400円

■マーケティングコース (18日間+インタビュー調査)
 賛助会員:648,000円 一般:777,600円

■技術・イノベーションマネジメントコース(20日間+インタビュー調査)
 賛助会員:664,200円 一般:783,000円

■ダイバーシティ・マネジメントコース(9日間+インタビュー調査)
 賛助会員:291,600円 一般:349,920円

 *上記は1名あたりの消費税を含む金額です。
 *食費・宿泊費・交通費は別途実費が必要です(概ね10~15万円程度)。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

■KPCマネジメントスクールの特色

【1.経営者視点での他流試合による「戦略的思考力の強化」】
自社が抱える戦略的課題を持ち寄り、経営者の視点に立った解決策をグループで議論します。
議論によって生まれた「仮説」を見出し、インタビュー調査等を通じて「検証」するプロセスを繰り返すことで、
「戦略的思考力」を強化します。他社人材との白熱した議論は、まさに他流試合です。


【2.自らの意志で選定するインタビュー調査(企業訪問)】
スクールの中盤から後半にかけ、グループで立てた仮説を検証するために
「インタビュー調査(企業訪問)」を実施します。当スクールのハイライトの一つとも言えるインタビュー調査は、
単なる企業訪問とは異なり、高い目的意識を持って臨むため、訪問先企業幹部と白熱した議論が
行われるとともに、面談ならではの情報交流が展開されます。


【3.異業種・少人数による持続的な相互研鑽と人脈形成】
各社で活躍する人材が業界を超えて参加する当スクールは、少人数ならではの一体感を生みながら
異業種他社の経営幹部候補生との議論を通じて相互に研鑽します。また修了後も継続的に、
フォローアップ研修・同窓会活動を実施しますので、中長期視点の深い人脈形成が可能です。


■参加企業実績(過去5年間、順不同)
(株)イシダ、エスペック(株)、(株)NTTドコモ、大阪ガス(株)、大塚化学(株)、(株)加貫ローラ製作所、(株)カネカ、関西電力(株)、関西熱化学(株)、倉敷紡績(株)、(株)栗本鐵工所、コニカミノルタ(株)、(株)島津製作所、住友精密工業(株)、積水化学工業(株)、積水ハウス(株)、太陽工業(株)、(株)高島屋、(株)大京、(株)ダイキンアプライドシステムズ、ダイキン工業(株)、(株)デザインアーク、東和薬品(株)、中尾フィルター工業(株)、西日本電信電話(株)、西日本旅客鉄道(株)、日本信号(株)、日本ピラー工業(株)、日本山村硝子(株)、阪急電鉄(株)、阪急不動産(株)、阪神電気鉄道(株)、バンドー化学(株)、パナソニック(株)、日立造船(株)、(株)マンダム、(株)ミライト・テクノロジーズ、ヤンマーホールディングス(株)、(株)りそなホールディングス、レンゴー(株)


■各コース実施要領(詳細)
下記リンク先に記載しています。
(1)経営戦略コース(17日間+インタビュー調査)
(2)マーケティングコース (18日間+インタビュー調査)
(3)技術・イノベーションマネジメントコース(20日間+インタビュー調査)
(4)ダイバーシティ・マネジメントコース(9日間+インタビュー調査)

*一部調整中のコースもあります。

*ご参考*
前年度「実施要領(詳細)」は下記リンクよりダウンロード可能です。
http://www.kpcnet.or.jp/jinzai/MS15real-guide.pdf

 

 
印刷用ファイル KPCManagementSchool2016.pdf (900 k)
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 五百籏頭(いおきべ)・上岡(うえおか)
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る