KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

ロジカルスキル研修(ロジカルシンキングコース)

ビジネスを成功に結びつける3つの技法

■ 研修の必要性・背景
上司や顧客の話を的確に理解し、自分の頭で考え、行動できなければ、仕事の効率は上がりません。また思考内容を的確に話したり、書けなければ、相手に理解してもらうこともできません。本研修では、思考ツールを学ぶことで、互いの議論をかみ合わせ、効率的な業務遂行ができるようスキル習得します。

■ 研修のねらい・効果
□ 情報受信能力の向上
・背景や現状、問題点を的確に理解・把握する力つけます。
□ 論理構築能力の向上
・「モレ」、「ムラ」、「重複」無く、情報を整理する技術を養います。(マトリクスによる情報/思考の並列)
・相手の主張を論理的に理解する術を学びます。(三角ロジック(ピラミッドストラクチャ)による根拠の理解)
・物事の因果や相関関係をつかむ手法を習得します。(リンクマップを用いた全体像や筋道の理解)
□ 情報発信能力の向上
・根拠を明示して、自分の考えを説明するスキルを体得します。

■ 特 長
・他のロジカルスキル研修の基礎編として、話したり、書いたりする技術の前に位置づけられる研修です。
・小難しい理論ではなく、全員がすぐに実践でき、スキルアップできるプログラム構成です。
・ビジネスの現場の共通スキルなので、全ての業種・職種のビジネスシーンでご活用いただけます。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 セミナー 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス)、三役クラス、執行委員クラス、職場委員クラス 
講座カテゴリー 人材育成・開発 
開催日・期間 2017年07月10日~2018年01月16日
開催時間 9:30~17:30 
開催場所 関西生産性本部会議室
(大阪市北区中之島6−2−27 中之島センタービル28階) 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/
参加費 会員 32,400円/ 一 般 35,640円(いずれも1名につき・消費税・テキスト資料代・昼食費含む)
※会員とは生産性本部賛助会員に加盟している組織をさします。
※お申込受付後に請求書・参加証・会場までの地図を送付いたします。
※お申込後、出席できなくなった場合、代理の方のご出席をお願いします。
  代理の方の参加が難しい場合は、開催日の7日前までにご連絡下さい。
  それ以降は参加費全額をご負担いただきます。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

■ ロジカルスキル研修(ロジカルシンキングコース)【大阪開催】 プログラム ■

第1回 2017年7月10日(月) ←都合により開催を中止いたしました。第2回 2017年10月2日(月) 第3回 2018年1月16日(火)

※3日間とも同一内容で開催します。

 

9:30~

1.オリエンテーション

(1) 研修のねらい

(2) 人間の意思決定とその要因

(3) 理論と論理の違い

 

2.マトリクスで情報のモレ、ムラ、重複をなくす

(1) 同種 同レベルで合わせる

(2) 順番を合わせる

(3) 演習:目的を意識して、情報をモレ、ムラなく整理する

 

3.三角ロジック(ピラミッドストラクチャ)で、主張に根拠を添える

(1) 論理的思考の基本形

(2) 分析と反論の分離

(3) 演習:相手の話の根拠を理解する、自分の意見に根拠を添える

 

昼食(当方にて準備いたします)

 

13:00~

4.リンクマップでテーマを分析・発展させる

(1) 問題の全容をつかむ

(2) 他人の倫理を融合する

(3) 演習:リンクマップ作成とプロセスを明示しながら説明する

 

5.総合演習 根拠を明示して話す

 

17:30

終了

 

【講師紹介】

別所 栄吾(べっしょ えいご) 氏

 

公益財団法人関西生産性本部 パートナーコンサルタント 

株式会社BCL 代表取締役

拓殖大学客員教授 東北公益文化大学非常勤講師

国際ディベート学会公認 ディベートトレーナー

厚生労働省認定 産業カウンセラー

日本生産性本部 経営アカデミー マスター

 

【経歴】

1969年 神奈川県生まれ。92年4月 日本生産性本部入職、衛星放送による企業向け教育番組制作を始め、経営者、管理者(人事考課、目標による管理、カウンセリングマインドシリーズ)、新入社員などの教育用ビデオ教材、CD-ROMで学ぶ経営診断マニュアルなどの開発や教育研修に従事。2003年3月同本部 経営アカデミー 人的資源管理コース修了。07年1月退職。現在、産業カウンセラー、関西生産性本部パートナーコンサルタント、株式会社BCL代表取締役。

 

【専門領域】

ロジカルシンキング、プレゼンテーション、ライティング、ネゴシエーション、ファシリテーション、ディベート、マーケティング、経営戦略、問題解決、人事考課、目標による管理、カウンセリング、アサーション、交流分析など

 

【発表論文・著作等】

ビデオ 『ディベート能力開発シリーズ 短期集中講座』 生産性映像

     『ディベート能力開発シリーズ ビジネスディベート入門編』 生産性映像

          『新入社員ベストマナー講座』 生産性映像

          『変革型管理者と変革型マネジメント』 生産性映像

書籍 『会議は長いのに、なぜ何も決まらないのか?』 日本経済新聞出版社
        『あなたの話は、なぜ伝わらないのか?』 日本経済新聞出版社
        『ディベートに学ぶ 会議の技術』 生産性出版

論文 『タイプ別従業員の欲求に基づくプロセス成果主義の提唱』 経営アカデミー

 

【研修実績】

(公開) 上記専門領域の公開講座多数

(企業内)国家公務、地方公務、電気、ガス、輸送用機械器具製造、通信、情報通信機械器具製造、精密機械器具製造、電子部品・デバイス製造、金属製品製造、銀行、証券、保険、情報サービス、広告業、鉄道業、建設、鉱業、化学工業、医療業、飲食料品卸売、宿泊、学校教育 ほか

 

【URL】

http://www.bzcom.jp/

 
印刷用ファイル ロジカルスキル研修(ロジカルシンキングコース) 案内状.pdf (194 k)
備考 ①参加申込みは下記申し込みフォームまたはパンフレットの参加お申込書に必要事項ご記入のうえ、お申し込みください。
②参加申込書到着後、ご連絡担当者様へ請求書、参加証、会場略図をお送りします。
③申込締切日は、開催の1週間前です。申込締切日後の取消しの場合、参加費の返金はいたしかねますので、代理の方のご参加をお願いします。 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 事業部
担当者: 芝原・川島
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
お申込みはこちら
貴社内でロジカルスキル開発研修を実施しませんか? 

 企業・組織内教育(受託研修プログラム)のご案内 ■

 関西生産性本部では、ロジカルスキル開発研修の企業・組織内研修を承ります。例えば、貴社の営業提案内容そのものでのプレゼンテーション研修など各種カスタマイズ要望にもお応えします。幅広い業種・職種・階層で講師派遣の実績が多数ございます。投資対効果の高い講師派遣を是非ご検討ください。

(以下、実施研修例となります、ご参照ください)

 

ケースⅠ. 中堅営業職対象プレゼンテーション研修

業種  : 製造業  研修期間 : 2日間

ニーズ : グローバル拡販推進のため、中堅営業職のプレゼンテーションスキルを向上させたい。

特 徴 : 実際の営業案件を用いたカスタマイズ研修 

      英語のプレゼン内容にも対応

        ビデオ撮影を活用したフィードバック実施

 

ケースⅡ. システムエンジニア対象ネゴシエーション研修

業種  : IT産業  研修期間 : 2日間

ニーズ : 拡販と収益力向上のため、リーダークラスの

      エンジニア対象に交渉力強化を実現したい。

特 徴 : 1対1の折衝だけでなく、多人数の意見集約、調整含めた演習を実施することで、

      総合的な交渉力・折衝力向上をねらう

 

ケースⅢ. 若手研究開発職対象ロジカルシンキング研修

業種  : 製薬業  研修期間 : 1日間

ニーズ : 若手研究開発職に基本的なビジネススキル・ビジネスマインドを定着・向上させたい 

特 徴 :  業界に近い内容のコンテンツへカスタマイズ

      対人演習を豊富におこない、自分のスキルへの気づきや到達レベルの確認を行う 

 

ケースⅣ. リーダー/管理職対象ビジネスディベート研修

業種  : 情報産業  研修期間 : 4日間

ニーズ : 幹部候補にビジネス推進力、考え抜く力を効果的に身に付けさせたい

特 徴 : 通常の内容にスキル定着のための振返り研修も実施し、

      実践的なスキルが確実に身につくようなプログラムとした。

 

 

詳細は下記までお問い合わせください。

公益財団法人 関西生産性本部 事業部 芝原

TEL : 06-6444-6464  E-mail : shibahara@kpcnet.or.jp

 
お申込みはこちら
ページの先頭に戻る