IE手法セミナー│関西生産性本部

KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

IE手法セミナー

「IE7つ道具」の使い方の習得 ~IE手法の基本を座学と演習で理解~

改善の基本であるIE(インダストリアル・エンジニアリング:ムダ取りのための手法・着眼点)には、多くの手法がありますが、その中で、改善効果の高い7つの手法について、改善の原理・原則に基づき、座学にて各分析手法の使用目的と使い方(分析方法)を学び、演習にて理解を深めていただくカリキュラムになっています。
現在、企業の社内講師や現場改善指導を実践している講師が、分かりやすく解説いたします。
特に、IE手法の基本や使い方を習得したい方に、おすすめいたします。

対象:【注】コンサルタント業の方の参加申込みは、ご遠慮下さい。
   製造現場の改善推進担当者、改善推進リーダー候補、現場作業者  など
主催団体 関西IE協会 
講座の種類 セミナー 
主な対象 リーダー層(主任・係長クラス) 
講座カテゴリー モノづくり革新 
開催日・期間 2018年08月29日~2018年11月06日
開催時間 各回とも10:00~17:00(1日目のみ18:10終了) 
開催場所 関西生産性本部会議室
(大阪市北区中之島6−2−27 中之島センタービル28階) 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/
参加費 関西ならびに他地区IE協会会員 30,240円
生産性本部賛助会員      33,480円
一  般(会員外)      39,960円
【注】①参加費には、テキスト(『IE7つ道具』(日刊工業新聞社刊)代、交流会代(1日目)、ストップウォッチ
    代、消費税を含みます。
   ②1社から多数のお申込みの場合は、参加者をご調整頂く場合があります。
   ③コンサルタント業の方の参加申込みは、ご遠慮下さい。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

●内容

1日目  8月29日(水) ◎IEとは ★工程分析 ★マテリアル・ハンドリング ★プラントレイアウト
2日目 10月 3日(水) ★稼働分析 ★動作研究 ★時間研究
3日目 11月 6日(火) ◎標準時間管理 ★連合作業分析 ★ラインバランス分析

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《1日目(8月29日(水))10:00~18:10》
◎IEとは
  (1) IEのなりたちと体系  (2) IEとは  (3) 作業研究と時間の関係
  (4) 改善活動の手順 (5) 分析者としての心構え

【手法1】工程分析
  (1) 工程分析とは  (2) 流れ線図(流動数分析,P-Q分析等)
  (3) 改善の着眼点(5W1H法、ECRSの原則)  (4) 作業者工程分析による改善例
  《演習》 工程分析

【手法2】① マテリアル・ハンドリング(MH)
  (1) MHとは  (2) 運搬工程分析  (3) 運搬活性分析  (4) 運搬工程分析の活用例

【手法2】②プラント・レイアウト
  (1) レイアウト検討とは  (2) レイアウトパターン  (3) レイアウト設計方法
   《演習》 レイアウトの検討
 
◎1日目の「まとめ」、総合質疑応答

17:10 ~ 18:10 ◎交流会  *自己紹介を含む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《2日目(10月3日(水))10:00~17:00》
◎「1日目」の振り返り
 
【手法3】稼働分析
  (1) 稼働分析とは  (2) 観測法(タイムスタディ、ワークサンプリング等)
  (3) ワークサンプリング(WS)のすすめ  (4) WSによる改善例
  《演習》 WSを使った作業改善
 
【手法4】動作研究
  (1) 動作研究とは  (2) 両手作業分析  (3) 微動作分析(サーブリッグ法)
  (4) 動作経済の原則
  《演習》 ムダどり
 
【手法5】時間研究
  (1) 時間研究とは  (2) ストップ・ウォッチ法のすすめ方  (3) VTR法
  (4) PTS法のすすめ方  (5) 時間研究による改善例
  《演習》 ストップウォッチ法
 

◎2日目の「まとめ」、総合質疑応答

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《3日目(11月6日(火))10:00~17:00》

◎「2日目」の振り返り
 
◎標準時間管理
  (1) 標準時間管理とは  (2) 標準時間の設定方法  (3) 標準時間管理の運営方法

【手法6】連合作業分析
  (1) 連合作業分析とは  (2) 連合作業分析のすすめ方  (3) 連合作業分析による改善例
  《演習》 人-機械分析
 
【手法7】ラインバランス分析
  (1) ラインバランス分析とは  (2) ラインバランス分析のすすめ方
  (3) ラインバランス分析の改善例
  《演習》 ラインバランス分析
 
◎まとめ(アイデア発想法)、総合質疑応答

 



《講 師》
新日鐵住金㈱ 製鋼所 技術・品質保証部 システム・IE企画室 田村  豊 氏
 

1972年住友金属工業㈱(現・新日鐵住金㈱)に入社、製鋼所に勤務。
’77年鉄鋼短期大学(現・産業技術短期大学)卒業後、同年4月より、
製鋼所 システム部IE課に配属。2002年に生産管理部IE室長に就任。
2013年9月末日 定年退職の後、IE室シニア・スタッフとして活躍中。
’15年7月より技術・品質保証部。
【公職】(一社)日本鉄鋼連盟「小集団活動(JK)推進分科会」幹事、
    (公社)日本経営工学会 関西支部副支部長、「関西IE協会」運営委員 など。
 

 

 
印刷用ファイル 18年度「IE手法セミナー」案内状.pdf (314 k)
備考 ①下記「お申し込みはこちら」のボタンからお申し込み下さい。
②「参加証」「会場略図」「請求書」と『テキスト(IE7つ道具)』は、参加者あてに、
 8月上旬から発送を開始致します。
  ※『テキスト』の予習(指定ページ)をお願いします(セミナーに持参必要)。
    また、「参加証」は、各回の受付時にご提示下さい。
③ 8月22日(水)以降のお取り消しの場合、参加費の全額を頂戴致します(代理の方をご派遣下さい)。
④ 万一、参加者がご欠席の場合は、代理参加をお受けします。
(注) 2・3日目の内容は、前回の内容を前提に解説致します。あらかじめご了承下さい。

【定員】20名
【申込締切日】8月22日(水)  
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 「関西IE協会」
担当者: 南・川島
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
お申込みはこちら
ページの先頭に戻る