KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

労使次世代リーダープログラム「押しかけ問答三番勝負!」

本プログラムが募るメンバーは、様々な業種業界で、また労使それぞれの立場で「会社の発展」と「社員の幸せ」双方の実現の為に汗を流そうとする次世代リーダーです。
当本部では「視野が幅広い(出身業種業態以外の事も判る、社外人脈も豊富である)」「複数の視座を持っている(労使関係の基本と双方の立場を理解している)」「感受性が強い(様々な事例や事象の自社自組織への応用を考える事が出来る)」の3点が、求められる次世代リーダー像であると考えています。
特定の講師に指導を仰ぐ事で、この様なリーダー像に近付く事は困難です。また、会議室で講義を聞くと共にグループワークを体験するというよくある研修でも不十分であると考えます。
次世代リーダーにとって最高のお手本は、数々の修羅場体験を経て来られた偉大な先達である企業経営者であり、企業労使の実務家に他なりませんが、会議室へそのような方々を招き講話を伺うという受け身のスタイルでは先のリーダーに不可欠の3点は涵養出来ないと考えています。
こうした認識のもと本プログラムでは、労使関係や人事分野で注目を集めている企業を実際に訪問し見学すると共に、他社の経営者や労使実務家と真剣に問答するという圧倒的な非日常の場を設け、修羅場体験を何度も繰り返し、異業種交流を通して「視野」を拡げ、労使交流を通して新たな「視座」を獲得し、企業経営者との問答によりトップリーダーとしての「視点」も醸成し、「感受性」を研ぎ澄ませます。
上記開催趣旨にご賛同頂ける意欲的で熱意のあるメンバーのご参加をお待ちしております。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 長期講座 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、三役クラス、執行委員クラス 
講座カテゴリー ユニオンイノベーション 
開催日・期間 2015年07月29日~2015年12月09日
開催時間   
開催場所 (公財)関西生産性本部会議室・訪問企業 
参加費 生産性本部賛助会員(1名につき)  103,680円(消費税込)
一       般(1名につき)     124,200円(消費税込)
 懇親会費や移動宿泊にかかる経費については別途実費を頂戴いたします。
※労使揃ってご参加頂ける場合、お一人様につき賛助会員6,210円、一般7,290円を割引いたします。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

本プログラムの特徴

1. 実際に現地を訪問する            「一、百聞は一見にしかず」
2. 経営者と対話する        「二、胸を借りる」
3. 異業種・労使間で交流する    「三、人と情報の他流試合」
       ↓
1.2.3.の場を通して自分自身と真剣勝負して一皮むける

 

プログラム

【キックオフミーティング】 「人と情報の他流試合」

7月29日(水曜)15:00-19:00 関西生産性本部会議室、他

オリエンテーション、メンバー自己紹介、グループ編成、懇親会


【一番勝負・二番勝負へ向けた事前協議】 「人と情報の他流試合」

 8月19日(水曜)14:00-17:00 関西生産性本部会議室

事務局からの情報提供、グループ毎に訪問先に関する収集情報の共有と事前質問検討

全体での共有と情報編集と事前質問ブラッシュアップ

一番勝負

9月15日(火曜)

15:00-19:00

㈱クボタ

訪問(大阪)

【オフィス見学と企業経営者との問答】「胸を借りる」

「クボタにおける『コミュニケーションスペース』の活用」

 ㈱クボタ 代表取締役副社長執行役員         久 保 俊 裕 氏

価値観の多様化に加え、働き方も多様化する昨今、従業員同士のコミュニケーションの重要性が益々高まっている。クボタでは、本社内に『K’rossing(クロッシング)』、東京本社内に『K-LOUNGE(ケイラウンジ)』という名前のコミュニケーションスペースを開設している。アフターファイブも含めて従業員同士が、飲食を共にしながら、自由に議論をしたり、交流を深めたりする「場」として活用している。また、社内はもとより国内外の取引先や地域とのコミュニケーションの活性化も図っている。本問答では、『K’rossing』の見学後、4年間に亘る活用状況や今後の課題等を伺うとともに意見交換を行う。終了後は、『K’rossing』において懇親会を開催する。

【二番勝負・三番勝負へ向けた事前協議】 「人と情報の他流試合」

 10月7日(水曜)14:00-17:00 関西生産性本部会議室

事務局からの情報提供、グループ毎に訪問先に関する収集情報の共有と事前質問検討、一番勝負の訪問まとめ

全体での共有と情報編集と事前質問ブラッシュアップ

二番勝負の一

10月21日(水曜)

7:30-10:00

伊藤忠商事㈱

訪問(東京)

※東京開催となります
(前泊の必要有り)

【オフィス見学と労使実務家との問答】「百聞は一見にしかず」

「伊藤忠商事における『朝型勤務』の実際」

 伊藤忠商事㈱人事・総務部企画統轄室長       垣 見 俊 之 氏

世界65カ国に拠点を持ち、モノだけでなくエネルギーから金融まで幅広い取引を行い、日本を代表する総合商社である伊藤忠商事。同社では、いち早く2013年10月から早朝の時間外手当割増率の引き上げと深夜残業の禁止、早朝勤務時の軽食の無償提供を行い、「朝方の働き方」への改革の筆頭代表企業のイメージが定着している。本問答では、早朝に同社を訪問し見学を行うとともに、「朝型の働き方」を推進するねらい、関連人事諸制度と現状、今後の展望について、同社人事のみならず労働組合執行部の方々とも意見交換を行う。

二番勝負の二

二番勝負の二

10月21日(水曜)

13:00-16:00

カルビー㈱

訪問(東京)

【オフィス見学と労使実務家との問答】「百聞は一見にしかず」

「カルビーにおける『フリーアドレス』の実際」

 カルビー㈱執行役員

コーポレートコミュニケーション本部本部長 後 藤 綾 子 氏

過去最高益の更新が続き好調が伝えられているカルビーは、近年イノベーションを実現した稀有な企業の一つと報道されることが多い。同社では様々な「働き方改革」が実践されているが、

東京本社の「フリーアドレス(決まった自席をもたせない制度)」は実にユニークで、座席確保のため日に1~2度は“くじ引き”をする必要がある。席は最大で5時間までしか確保できない仕組みになっている。本問答では、東京本社オフィスフロア見学を行うとともに、同社が目指す働き方改革の詳細、現時点での評価と課題について意見交換を行う。

三番勝負

11月20日(金曜)

平日午後

レンゴー㈱

訪問(大阪)

【企業経営者との問答】「胸を借りる」

「レンゴーの取り組みから学ぶ ~これからの『労使諸課題』の行方~」

 レンゴー㈱ 代表取締役会長兼社長          大 坪   清 氏

リーマンショック直後に1000名超の非正規社員を正社員化した同社。東日本大震災で壊滅的被害を受けた仙台工場を、雇用を守ると同時に、地元復興の先鞭をつけるべく、いち早く同じ宮城県内での新工場再建を決定し、1年という短期間で再稼働させた。この間、絶対に雇用は守ると宣言し、人心の安定を図るとともに、地元経済復興へ向けても大きなメッセージを発信した関西生産性本部の会長も務める大坪会長兼社長は、まさに「生産性三原則」の実践者である。本問答では、その経営手腕の神髄を体感すると共に意見交換を行う。

【三番勝負を通しての事後協議】 「人と情報の他流試合」 

12月9日(水曜)14:00-19:00 関西生産性本部会議室、他

グループ毎に訪問まとめ、全体での共有と情報編集と訪問記録作成、慰労会

本プログラムの進め方
Ⅰ、グループ単位による活動と運営
 1.訪問先へは12名全員でうかがいます。訪問当日は時間有効活用の為、メンバー12名全員が訪問先で各自個別に質問、議論する のではなく、訪問先ごとに6名のグループを編成し、担当グループで事前質問を作成・送付し、訪問当日の現地での進行も行って頂きます。(※自由質問時間も設定有り)
 2.参加メンバー12名は【企業経営者との問答】【労使実務家との問答】それぞれに1訪問先のグループに属して頂きます。
 3.各グループでは、班長、幹事、記録係をそれぞれ1名決定し運営に当たって頂きます(※参加メンバーは全員、いずれかのグループにおいて役割を遂行頂きます)

Ⅱ、現地での進行
 1. 事務局が誘導し、担当グループを筆頭に訪問先ご対応者様と名刺交換、挨拶
 2. 問答の進行は担当グループが行う、当日の流れは下記の通り
  ① 班長挨拶
  ② 訪問先からプレゼンテーション、訪問先テーマについてご説明
  ③ 訪問先から事前質問についてご回答(補足・追加質問を担当グループ中心に行う)
  ④ 全体での質疑応答
  ⑤ 担当グループよりお礼の挨拶
 ※その他
  訪問記録を担当グループが作成する
  写真撮影と録音は訪問先の許可を得て、担当グループと事務局(予備)が行う
  訪問時の服装について、男性はネクタイ着用、女性はジャケット着用とする

Ⅲ、報告書の作成
 1. 報告書の構成
  本事業の趣旨
  訪問記録
  メンバー所感
  団員名簿とグループ編成など
 2. 報告書の配布先:メンバー(参加者と組織の派遣責任者宛て)、訪問先

 

 
印刷用ファイル 押しかけ問答案内状【完成版0514】.pdf (722 k)
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 井上・上岡
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る