KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

第3期・企業内「組織開発(OD)」推進者養成コース

“組織開発”を理解し推進する人材の育成

当本部では、2013年度に“訪米組織開発調査団” を派遣し、米国における組織開発の実践と、それを支える人材育成について調査致しました。また、その調査報告書において、今後日本の組織においても、「組織開発に注力をしていく必要があること」、そのためには「組織開発の本質を理解し、企業内で組織開発を推進する人材が必要であること」、を提言致しました。当本部では、その提言を踏まえ、昨年度より本コースを開講し、組織内で“組織開発“を推進していく推進者を養成いたしております。是非ともご参加をご検討頂ければと思います。

■講師・ファシリテータ略歴
南山大学 人文学部心理人間学科 教授 中村 和彦 氏
1964年生まれ。88年北海道教育大学旭川校卒業。95年名古屋大学大学院教育学研究科後期博士課程単位取得満期退学。2005年度には米国NTL Instituteにて組織開発を学び、Organization Development Certificate Programを修了。OD Network Japan代表理事。NTL Institute メンバー。専門は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。著書論文に、『入門 組織開発』(光文社新書)、『人間関係トレーニング第2版』(共著、ナカニシヤ出版)、『組織開発とは何か』(「人間関係研究」第6号)、他。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 長期講座 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス)、三役クラス、執行委員クラス、職場委員クラス 
講座カテゴリー 人材育成・開発 
開催日・期間 2016年05月26日~2016年10月14日
開催時間 10:00~18:00(合宿別途) 
開催場所 関西生産性本部会議室 他 大阪市内会議室 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/
参加費 賛助会員 249,480円 ・一  般 297,000円 (消費税込み) ※2人目以降20%割引
(合宿経費等実費別途必要) 
内容(スケジュール、運営方法、等)

【スケジュール】 


【①5月26日(木) 10:00~18:00】 (会場)中之島インテス113会議室
 オリエンテーションと参加者自己紹介
 組織開発概論①「組織開発とは何か」
  (ワークショップ)組織実習
 ※疑似組織によるワークショップで、組織開発におけるコンテントとプロセスを理解する。

【②6月4日(土)~③6月5日(日)】(合宿形式) (会場)コスモスクエア国際交流センター
 組織開発概論②「組織開発の潮流と“対話型組織開発”」
  (ワークショップ)「私たちがめざすところ」~対話型組織開発の体験~
 ※対話型組織開発(AI、フューチャーサーチなど)について、体験を通してその過程を学ぶと同時に、

  参加者がともに目指すところを明らかにする。

【④6月16日(木) 10:00~18:00】 (会場)当本部会議室
 組織開発概論③「“診断型組織開発”の進め方」
 企業における“組織開発”の実践事例紹介①
 「勝ち続けるための戦略人事~企業の大切な価値観を浸透するための組織人材開発の在り方とは~」
  日本GE株式会社 人事部 組織人材開発リーダー 谷 本 美 穂 氏
 組織診断実習の準備 (実施計画(エントリー&契約))

【⑤7月2日(土)~⑥7月3日(日)】(合宿形式) (会場)クロスウェーブ梅田
 組織診断実習 ~診断型組織開発の体験~
 ※実際の組織からゲスト(クライエント)をお招きし、組織診断の実施方法について、実習形式で学ぶ。

【⑦7月14日(木) 10:00~18:00】 (会場)当本部会議室
 働きかけの手法①「ヒューマンプロセスへの働きかけ ~気づきを促す働きかけ」
 ※さまざまなフィードバックの手法やコーチングなど、個人の気づきを促す働きかけについて学ぶ。

 企業における“組織開発”の実践事例紹介②
 「ヤフーにおける組織開発の実践 ~才能と情熱を解き放つ組織改革の取り組み~」
  ヤフー株式会社 ピープルデベロップメント統括本部 人財開発本部 組織・人財開発部部長 池 田  潤 氏
 自組織に於ける組織開発の実践 ~エントリー結果の共有~

【⑧7月27日(水) 10:00~18:00】 (会場)当本部会議室
 働きかけの手法②「チームビルディング」

(特別対談)「経営者の視点から見た組織開発の重要性」

  神戸大学大学院経営学研究科 教授 金 井 壽 宏 氏

  株式会社サイバーエージェント 執行役員人事統括本部長 曽 山 哲 人 氏

  株式会社サイバーエージェント 人事統括本部 事業人事部 シニアマネージャー 星 野 貴 仁 氏
 自組織に於ける組織開発の実践 ~ヒアリング~

【⑨8月18日(木) 10:00~18:00】 (会場)当本部会議室
 働きかけの手法③「対話の手法 ~ワールドカフェ、OST(オープンスペーステクノロジー)の体験~」

 ※グループレベルの手法について、ワールドカフェやOSTなどの手法を、理論と体験によって学ぶ。

 企業における“組織開発”の実践事例紹介③ 本コース修了生による実践事例の報告
 自組織に於ける組織開発の実践 ~ヒアリング結果を持ち寄って、アクション計画~

【⑩9月16日(金) 10:00~18:00】 (会場)当本部会議室
 働きかけの手法④「グループプロセス・コンサルテーション」
 働きかけの手法⑤「グループ間の働きかけの手法/組織文化の変革など」
 自組織に於ける組織開発の実践 ~アクションのふりかえり、もしくは、アクション計画その2~

【⑪10月14日(金) 10:00~18:00】 (会場)当本部会議室
 「今後、自組織でどの様に展開していくか」~参加者によるプレゼンテーションと総括
 ※コース学んだことを、いかに自組織で展開していくのか、参加者自らがプレゼンテーションと宣言を行い、

  講師より全体総括を行う

 

【お客様の声】

 私たちの取組みの推進力になっています

社員を元気にしたい、職場を活性化し、会社の風土を良いものに変えて行きたい!そう思い、社外の方に教えて頂いたり、試行錯誤で様々な取組みをしたりして来ました。ですが、うまくいくことはごくわずか、何故上手くいかないのかわからないまま、多くの失敗を重ねてきました。
そんな時に昨年ご縁を頂き、このコースに参加、組織に対して働きかけるとはどういうことか、働く人の感情を大事にするとはどういうことか、を納得いく形で教えて頂きました。中村先生、金井先生の教えと同期のメンバーとの今も続く情報交換は今や私たちの取組みの推進力となっています。
(運輸業・組織開発部門)


理論を学び、事例を知り、議論をする

役員:「経営企画室でやっているのは組織開発?」
私:「組織開発ってなんですか?」
という会話から、急遽申し込んだOD推進者養成コース。
理論を学び、事例を知り、他社のメンバーと議論することで、自社での取り組みの質が向上したと思います。
また、同じ志を持つたくさんの仲間に恵まれたことは大きな財産であり、強みになりました。
(メーカー・経営企画部門)



会社・部署ごとに違ったアプローチを学べた

“組織開発”って何?というイメージがありましたが、本質の部分から丁寧に教わり、組織に持ち帰り実践していくための方策を学ぶことができる貴重な機会となりました。
労働組合の役割として、職場の課題に対応していくことが求められている中で、会社・部署ごと違ったアプローチの必要があるため、他社事例をそのまま当てはめればいいわけではない現状で、推進者としていかに働きかけていくかについて学ぶことができたことが成果です。
しかも異業種からの企業側の参加者の皆さんとの連帯感も生まれ、継続的な情報交換ができる関係性が創れたことにも感謝しております。
(労組役員)


変革者たちが支え合い、日本企業を良くしていく

全7回に渡る濃密なゼミでした。組織開発の第一人者である南山大学の中村先生、神戸大学の金井先生による組織開発の理論・全体像・歴史といった講習は、弊社での組織開発の取り組みに於いてゴール感や進捗を確認するのに大変役立ちました。
また、ゲスト講師として、日本GE、ヤフー、キヤノンといった一流企業での推進事例を赤裸々に共有していただき、自分たちのやり方と対比しながら確認することができました。
一番の収穫は17社22名からなる参加メンバーとの情報共有で、これはセミナー終了後の現在も継続し、今後少なくとも3年間は、継続することを誓い合っております。
社内では孤独な変革者たちが社外の盟友同志として支えあい、日本の企業を良くしていく活動に取り組んでいくことは、時間をかけて粘り強く推進していくODにとって有効であると感じています。
(サービス業・全社風土改革担当)

 
 

 
印刷用ファイル 第3期ODコース案内.pdf (1,435 k)
備考 お申し込みフォームに必要事項をご入力の上、お申し込み下さい。
折り返し、ご参加の手引きならびにご参加費のご請求書をお送りいたします。 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 堀越 ・ 西田
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る