KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

第36期 内外のトップを囲む懇談会

トップマネジメントのための朝食・昼食形式の月例セミナー

当本部では、1985年から本懇談会を開設し、企業経営や組織運営の舵取りを担う方々に集って頂き、戦略の策定や日々の経営判断に不可欠な国内外の経済、政治、社会、経営課題等の最新情報を提供することを目的に、食事会形式の月例セミナーを開催して参りました。この度、3月より第36期を開催する運びとなりました。

昨年1月に開催された世界経済フォーラム(通称ダボス会議)では、世界の現状を指す「VUCAワールド」というキーワードが盛んに飛び交いました。「VUCA」とは、Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧)の頭文字をつなぎ合わせた造語であり、これらの要因により、現在の社会経済環境が極めて予測困難な状況に直面しているという時代認識を表す言葉です。振り返るとまさに「VUCAワールド」と断言できる2016年でありました。

世界的にもこのような社会経済環境にあって、わが国企業においては継続的に革新を起こし、次の成長に向けスピード感をもった意思決定をしていくことが不可避であります。本懇談会は第36期においても、日本および世界の政治・経済・社会情勢を見つめ直し、今後の不断の経営革新を推進していくための“多様かつ最新の視点”をご提示することを狙いとして開催いたします。

ぜひとも皆様のご参加をいただきますようご案内申し上げます。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 長期講座 
主な対象 経営トップ層(部長層以上) 
講座カテゴリー 人材育成・開発 
開催日・期間 2017年03月23日~2017年12月28日
開催時間 8:30~10:30 もしくは 12:00~14:15 
開催場所 リーガロイヤルホテル大阪「シャンボール」 
  〔大阪市北区中之島5-3-68〕 
開催場所URL http://www.rihga.co.jp/osaka/access/index.html
参加費 【賛助会員企業】 1名 ¥237,600−
【一    般】 1名 ¥297,000−
*年間10例会開催
*参加費には、食事代、資料代および消費税が含まれます。 
内容(スケジュール、運営方法、等)
■第1回例会■■■
2017年 3月23日(木)  12:00~14:15(昼食会形式)
 
「人工知能で変わる未来社会」
㈱ドワンゴ人工知能研究所 所長
NPO法人全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表
国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センター 客員研究員  山川 宏 氏(やまかわ ひろし)
 
1965年埼玉県生まれ。NPO法人全脳アーキテクチャ・イニシアティブ代表、人工知能学会 編集委員長、電気通信大学大学院 情報システム学研究科客員教授、玉川大学脳科学研究所 特別研究員、人工知能学会汎用人工知能研究会主査、産総研人工知能研究センター客員研究員。専門は,人工知能,特に,認知アーキテクチャ,概念獲得,ニューロコンピューティング,意見集約技術など。工学博士。
87年東京理科大学理学部物理学科卒業、89年東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程修了、92年東京大学大学院 工学系研究科 電子工学専攻 博士課程修了、92年(株)富士通研究所入社、94年同社から通産省リアル・ワールド・コンピューティング・プロジェクトに参加。2014年(株)ドワンゴ 人工知能研究所 所長、15年産総研人工知能研究センター客員研究員就任、15年特定非営利活動法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 代表就任、15年電気通信大学大学院 情報システム学研究科客員教授就任、現在に至る。
 
■第2回例会■■■  
2017年 3月28日(火)   8:30~10:30(朝食会形式)
 
「経済データから観たトランプ大統領の事実誤認」
大阪経済大学客員教授 
経済評論家  岡田 晃 氏(おかだ あきら)
 
1947年大阪市に生まれる。71年慶応義塾大学経済学部卒業、同年日本経済新聞入社。松山支局、産業部などを経て87年編集委員。91年テレビ東京出向。「ワールドビジネスサテライト(WBS)」マーケットキャスターなどを経て、94年テレビ東京経済部長、「WBS」プロデューサー、各種経済番組のプロデューサー、キャスター、コメンテーターを経て98年NY駐在(~2003年)。NY支局長、テレビ東京アメリカ(米国現地法人)社長、03年同理事・解説委員長、06年テレビ東京を退職、経済評論家として独立、大阪経済大学客員教授に就任(~現在)。
これまでの主なテレビ出演番組はテレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「モーニングサテライト」「クロージングベル」、BSジャパン「こちら経済編集長」、東京MXテレビ「東京マーケットワイド」、ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」他、多数。主な著作としては『やさしい「経済ニュース」の読み方』(三笠書房)=新刊、『これが高齢化社会だ』(共著、日本経済新聞社)、『新・産業革命』(共著、日本経済新聞社)、『21世紀への企業戦略』(共著、日本経済新聞社)など。
■オフィシャル・ウェブサイト「岡田晃の快刀乱麻」http://okada-akira.jp/
■オフィシャル・ブログ「経済のここが面白い!」http://ameblo.jp/okada-economics/
 
■第3回例会■■■  
2017年 4月11日(火)   12:00~14:15(昼食会形式)
 
「働き方改革を問う」
 
㈱日本総合研究所 調査部部長・チーフエコノミスト 山 田   久 氏
 
1963年生まれ。87年 京都大学経済学部卒業、2003年 法政大学大学院修士課程(経済学)修了。87年 ㈱住友銀行(現三井住友銀行)入行。91年 (社)日本経済研究センター出向、93年より㈱日本総合研究所調査部出向、98年 主任研究員、03年 経済研究センター所長、05年 マクロ経済研究センター所長、07年 ビジネス戦略研究センター所長、11年 より現職。
著書に、『雇用再生 戦後最悪の危機からどう脱出するか』(09年 日本経済新聞出版社)、『デフレ反転の成長戦略「値下げ・賃下げの罠」からどう脱却するか』(10年 東洋経済新報社)、『市場主義3.0』(12年 東洋経済新報社)、『失業なき雇用流動化-成長への新たな労働市場改革』(16年 慶應義塾大学出版会)ほか。
 
 
■第4回例会■■■  
2017年 5月 9日(火)   8:30~10:30(朝食会形式)
 
「トランプ大統領に大戦略はあるのか~外交・安全保障の観点から~」
 外交政策研究所 代表 
 キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹  宮 家 邦 彦 氏(みやけ くにひこ)
 
1978 年3 月東京大学法学部卒業後、同年4 月外務省入省。86 年5 月外務大臣秘書官。91 年10 月在米国大使館一等書記官。96 年7 月中近東第二課長、98 年1 月中近東第一課長、98 年8 月日米安全保障条約課長を歴任。2000 年9 月在中国大使館公使、04 年1 月在イラク大使館公使、04 年7 月中東アフリカ局参事官。05 年8 月外務省退職し、外交政策研究所代表に就任。06 年4 月立命館大学客員教授、06 年10 月-07 年9 月総理公邸連絡調整官、09 年4 月キヤノングローバル戦略研究所・外交安全保障研究主幹。
 
 
■第5回例会■■■  
2017年 6月13日(火)   8:30~10:30(朝食会形式)
「現代における禅の効用~エグゼクティブ層へ向けて~」
 
全生庵 第7世住職 平 井 正 修 氏(ひらい しょうしゅう)
 
臨済宗国泰寺派全生庵住職。1967年生まれ、東京都出身。90年学習院大学法学部卒。90年静岡県三島市龍澤寺専門道場入山、2001年同下山。03年全生庵第七世住職就任。16年日本大学危機管理学部客員教授就任。
現在、安倍首相や中曽根元首相などの政界・財界人が多く参禅する全生庵にて、坐禅会や写経会など布教に努めている。
著書に「最後のサムライ山岡鉄舟」(教育評論社)、「坐禅のすすめ」(幻冬舎)、「花のように、生きる」(幻冬舎)、「13歳からの仏教塾」(海竜社)、「三つの毒を捨てなさい」(KADOKAWA)、「男の禅語」(三笠書房・知的生き方文庫)、「山岡鉄舟修養訓」(致知出版社 活学新書)など多数。
 
 
■第6回例会■■■  
2017年 7月または8月の平日で日程調整中 
 
「ゴリラ研究から日本のこれからを考える」
 
京都大学第26代総長  山 極 壽 一 氏(やまぎわ じゅいち)
 
京都大学第26代総長。専門は人類学・霊長類学。1952年東京都生まれ。京都大学理学博士。
京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士後期課程研究指導認定、退学。日本学術振興会奨励研究員、京都大学研修員、(財)日本モンキーセンター・リサーチフェロー、京都大学霊長類研究所助手を経て、京都大学大学院理学研究科助教授、同教授。2014年10月1日より現職。
著書に『京大式おもろい勉強法』(2015年、朝日新聞出版)、『「サル化」する人間社会』(2014年、集英社インターナショナル)、『家族進化論』(2012年、東京大学出版会)、『15歳の寺子屋 ゴリラは語る』(2012年、講談社)、『暴力はどこからきたか』(2007年、NHKブックス)、『ゴリラ』(2005年、東京大学出版会)など多数。
日本霊長類学会会長、国際霊長類学会会長を歴任。中央環境審議会委員、日本学術会議会員、国立大学協会副会長。アフリカ各地でゴリラの行動や生態をもとに初期人類の生活を復元し、人類に特有な社会特徴の由来を探っている。
 
 
■第7回例会■■■  
2017年 8月30日(水)12:00~14:15(昼食会形式)
 
「朝鮮半島をめぐるアジアの展望」
コリア・レポート 創刊者・編集長   辺   真 一(ぴょん じんいる) 氏
 
1947年 東京生まれ。明治学院大学(英文科)卒業後、新聞記者(10年)を経て、フリージャーナリストへ。80年北朝鮮取材訪問、82年 朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊、現編集長。85年 「神戸ユニバシアード」で南北共同応援団結成。統一応援旗を製作。86年 テレビ、ラジオで評論活動を開始。91年 南北国連同時加盟記念祝賀宴を東京で開催。北朝鮮への名古屋からの民間直行便開設に助力。92年 韓国取材開始。98年 ラジオ短波「アジアニュース」パーソナリティー。99年 参議院朝鮮問題調査会の参考人。2001年 ラジオNIKKEIで在日による番組「コリア・ホットインフォメーション」を制作、03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任 。

 

 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 井上・上岡
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
お申込みはこちら
ページの先頭に戻る